株式会社プロバンス

お問合わせへサイトマップへトップページへ

耐震診断とは

耐震診断の流れ

耐震補強の施工事例を見る

耐震診断イメージ画像

耐震診断とは

建築物は、外見からだけではその耐震性は判断できません。古い建物は耐震性に乏しいと思われま
すが、実際に「耐震診断」をしてみなければ本当はわからないのです。不安なまま健康診断に行かな
いようなものです。
不安なままにせず、建築物の「耐震診断」を実施し、[耐震補強設計-耐震改修工事]を行えば、既存
建築物を壊さず建て替えずとも、安心して利用できる建築物として生まれ変わらせる事ができ、経済
的効果は計り知れません。
昭和56年に施行された「新耐震基準」後の建築物は、あの阪神・淡路大震災時にも比較的被害が
少なかったと言われています。それ以前に建築された既存建築物の「耐震診断」のご依頼は、弊社
までご連絡ください。

   既存建築物が下記にあてはまるような場合は「耐震診断」をお勧めいたします。

・昭和56年(1981年)以前に建築された
・建物1F部分が駐車場や商業施設などで、壁が少ない構造
・極端に壁が偏ってあるような構造
・大きな吹き抜けがある建物
・地震のとき、揺れを大きく感じるような建物
・建築確認が受けられていない、無理な増築をした
・重心の高い、細長い形状の建物
・廊下と階段に段差ができている
・壁面にクラックが多数発生している
・ドアやサッシが開きにくい、閉めにくい
・ALC等外壁の角が欠けている、割れている
・地盤が傾斜地で
・近隣に水路・擁壁

耐震診断、耐震補強工事についてのお問合わせへ

お知らせ 耐震補強工事 建築工事 技術、工法|リンク 会社案内 株式会社プロバンストップページへ 耐震診断、耐震補強工事についてのお問合わせへ